牛肉 牛肉の部位

牛肉(焼肉)の部位『テール』どこの部位?テールスープは出汁がうまい!

※この記事にはPRを含んでいます

レア度:3 
部類:尻尾

このページでは

牛の部位『テール』どの部位?
1頭からとれるテールの量は?
テールの美味しい食べ方

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

テールはどの部位なの?

テールとは牛のしっぽのことです。皮は剥がされますが、骨はつけたままで、適当な長さに切断してテールを流通させるのが一般的です。太い骨の周囲を、赤い肉がぐるりと囲んだ断面となっています。

 

1頭の牛からどれくらいの量がとれるの?

1頭の牛からは、約1.5キロから2キロのテールをとることができます。牛のしっぽ(テール)は、50センチから60センチほどの長さがあり、付け根に近づくにつれて太くなっています。しっぽの先のあたりはテールエンドと呼ばれ、ついている肉はあまりありません。しかしこの部分からもよい出汁がとれるため、テールの需要はとても高いです。

1頭からわずかな量しかとれないため、テールは牛の肉のなかでもとてもレアな部位です。

 

テールの食感とおいしい食べ方とは?

テールの最大の特徴は、豊富なコラーゲンが含まれていることです。そのためテールからとった出汁は、冷えるとぷるぷるのゼリー状に固まります。美肌効果を求める女性に、テール料理は人気があります。ただしテールは脂肪も多く含んでいるため、意外にも高カロリーな食材です。

安く新鮮な牛テールが家でも食べれます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産牛テール1kg
価格:2,900円(税込、送料別) (2023/7/28時点)

楽天で購入

 

 

楽天でも新鮮なテールが安く販売されています。私が良く購入する 「菅原精肉店」はおすすめの人気ショップです。
ぜひオウチテールスープを試してみてください!

テールを調理するまえに、かならず下処理をしておく必要があります。セロリ、ニンジン、タマネギといった野菜といっしょに、適当な大きさにカットしたテールを約1時間ボイルします。浮いてくる灰汁と余分な脂を丁寧に取り除くことで、臭みを消すことができます。

この部位をおいしくいただくために、シンプルなテールスープ、テールシチュー、焼き肉の3つの料理をご紹介します。

テールを使ったもっとも人気のある料理はテールスープでしょう。この料理では、香味野菜とともに、塩とコショウだけのシンプルな味付けで、下茹でしておいたテールをゆっくりと煮込みます。コラーゲンと脂が溶け出し、骨の旨味も加わって、とても力強く味わい深いスープができあがります。

一説には滋養強壮効果があるとも言われ、韓国では気力や体力回復のために、このテールスープが好んで飲まれます。

またこの部位を使った、オックステールシチューは欧米では定番の料理です。この場合、下処理したぶつ切りのテールを、香味野菜、赤ワイン、デミグラソースでゆっくりと長時間煮込みます。完成すると、テールの肉が骨から外れるほど柔らかくなっています。テールの出汁と肉の旨味を堪能するには、この食べ方が一番かも知れません。

また出汁をとるばかりではなく、テールは焼き肉用の食材としても販売されています。この場合、2センチほどの厚さに骨ごとスライスされたテールを使います。肉に十分な旨味があるので、タレはあえて使わず、塩とコショウのみでいただくことをおすすめします。肉の部分は少ないのですが、太い骨周辺の肉には濃厚な味わいがあります。少し固いとはいえ、焼き肉の食材としても、テールは十分なおいしさをもっていることがわかるでしょう。

 

※この記事にはPRを含んでいます
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-牛肉, 牛肉の部位
-

© 2024 肉専門サイト『にくらぶ』