牛肉 牛肉の部位

牛肉の部位『モウチョウ』どこ?実は牛肉では激レア部位

※この記事にはPRを含んでいます

レア度:5 
部類:腸

このページでは

  • 牛の部位『モウチョウ』のどこの部位?
  • 牛の部位『モウチョウ』どんな肉?
  • 牛の部位『モウチョウ』美味しい食べ方

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

モウチョウはどの部位なの?

モウチョウとは、牛の腸のなかの盲腸のことです。牛のモウチョウは直径10センチくらいで、やや固めですが適度に肉がついていて、ほどよく良質の脂が乗っています。

モウチョウには、大テッチャンという別名もあります。テッチャンとは、韓国語で大腸を意味する「テチャン」に由来する言葉です。大テッチャンとは、腸にある大きな部位という意味なのでしょう。そのほかに、メンチャンという名でモウチョウが呼ばれることもあります。

 

1頭の牛からどれくらいの量がとれるの?

1頭の牛からは、約1キロから1.5キロ程度のモウチョウがとれます。食材として非常にレアな部位で、焼き肉店でもメニューに置いていないこともあります。見つけたら、ぜひ味わってみましょう。

 

モウチョウの食感とおいしい食べ方とは?

モウチョウの大きな特徴は、ほどよい噛み応えと適度な脂身があることです。ショウチョウよりも肉は固いですが、モウチョウは脂の質がいいため、より甘く濃厚な味わいを楽しむことができます。固めの肉質を生かして、海外ではこの部位を使ったソーセージも作られています。

食感はダイチョウに似ていて、モウチョウを噛みしめると、肉厚の身の歯ごたえと脂の甘味を楽しめます。脂が乗っているのに、モウチョウの風味は意外にもさっぱりとしています。この部位の調理法としては、焼き肉、もつ鍋が定番です。またラーメンの具としてモウチョウを加えてもいいでしょう。

焼き肉にする場合は、適当な大きさにカットしたモウチョウを、タレに30分ほど漬けておきます。しっかりと炙りますが、焼き過ぎには注意しましょう。モウチョウのせっかくのおいしい脂を、流しすぎない程度に焼くことが大切です。表面に香ばしい焦げ目がつくことが、焼き上がりの目安です。

希少部位はネットでも買える店は限られている

おすすめは「吉粋」さん!レア食材を新鮮に届けてくれます。

 

モウチョウでもつ鍋にするなら、食感の似ているダイチョウも加えてみましょう。モウチョウは希少部位なので、一度にたくさん手に入るとは限りません。ダイチョウといっしょに煮込むことで、もつ鍋がボリュームアップします。ダイチョウよりも表面はつるつるで、さらに噛み応えのある、モウチョウの味わいがはっきりとわかるのがこちらの一品です。

モウチョウは、中華風の炒めものとしても使える食材です。ピーマンやパプリカなどの野菜といっしょに多めの油で炒め、鶏ガラスープで軽く似て、味噌や豆板醤で味付けをします。仕上げに片栗粉でとろみをつけましょう。

どんな料理に使うにせよ、モウチョウはかならず下処理をしなければいけません。それほどクセの強い部位ではありませんが、水洗いと下茹でをすることで、モウチョウを安心して食べることができるようになります。

 

※この記事にはPRを含んでいます
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-牛肉, 牛肉の部位
-

© 2024 肉専門サイト『にくらぶ』