牛肉 牛肉の部位

牛肉の部位『コサンカク』どこ?希少部位、赤身好きにはたまらないワイルドな味わい!

※この記事にはPRを含んでいます

レア度:4 
部類:肩

このページでは

牛の部位『コサンカク』どの部位?
コサンカクってどんなお肉?
コサンカクの美味しい調理法
コサンカクとお酒

コサンカクはどこの部分?

コサンカク(小三角)は牛の腕の一部で、二の腕付近に位置します。牛の胴と腕を分離したとき際にカタサンカクの上部に残る部分です。カタサンカクに近くその名の通り三角形をしていることからこの名前がつきました。
牛一頭からわずか2〜3キロしか取れない希少部位です。ミスジやカタサンカクなどと共にウデ(カタ)として分類・流通されます。
別名に「ヤリ」「カワラ」という呼び方もあります。

 

コサンカクの特徴は?

赤身の多い牛のウデの中でも、コサンカクは特に硬い部分です。その食感ゆえ、細切れやミンチにして使われることも多いです。
サシも入りますが、その風味には少々雑味やアクなど、クセがあります。しかし同時に肉の旨味が凝縮している部位でもあり、噛めば噛むほどジューシーな肉の風味が広がります。粗い繊維をガッツリ噛み切るような食感です。
赤身好きにはそんなワイルドなコサンカクの味わいや風味、食感がたまらない、という方も多いですよ。

 

コサンカクの調理法は?

少々硬い食感のお肉ですが、シチューやカレーなどに入れてコトコト煮込むとその濃厚な味わいだけではなく、ホロホロと口の中でほどけるような食感も楽しめます。和風の煮込み料理にもオススメ。強い旨味が料理全体に広がりますよ。
ミンチをハンバーグにすると硬さを気にせず、コサンカクの豊富な肉の風味を余すことなく味わえるのでこちらもオススメです。
もちろん、焼きでいただいてもとても美味しいです。その際は薄めに切り、火を通しすぎずミディアムレアに仕上げましょう。コサンカク独特の濃縮した肉の旨味がガツンと来ます。味付けはタレ以外だと、塩胡椒、わさび醤油などがよく合い、風味も楽しめます。岩塩プレートで焼いてもおいしいですよ。
塊肉をローストビーフにしても◎。

 

コサンカクに合うお酒は?

ワイルドな旨味の強いコサンカクには、それに負けないガツンとしたフルボディの赤ワインがいいでしょう。
ビールはもちろんですが、調理法によっては日本酒を合わせても面白いです。

 

コサンカクはどこで食べられる?

その噛みしめる肉の旨味が赤身好きにはたまらないコサンカクですが、希少部位ということもあり、あまりスーパーや焼肉屋さんでは見かけることがありませんね。
購入するには通販がメインのようです。その際は「コサンカク」ではなく別名の「ヤリ」として販売しているところもあるので見落とさないよう注意しましょう。

楽天で買える「コサンカク」

 

ぜひ家でも楽しんでみてください。

※この記事にはPRを含んでいます
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-牛肉, 牛肉の部位
-

© 2024 肉専門サイト『にくらぶ』